美容・健康

日焼け止めでヒリヒリする原因はアレだった!敏感肌でも肌荒れしにくい選び方

紫外線が厳しくなってくると、毎日大活躍の日焼け止め。
でもなんとなく肌がヒリヒリと感じることがありますよね。

日焼け止めが肌に合わなかったのかも?
敏感肌の人にはとっても気になることですね。

ケアの方法や敏感肌の人に合う日焼け止めはどんなものか、まとめました

日焼け止めで肌がヒリヒリする原因


日焼け止めで肌がヒリヒリする、そんなトラブル。
日焼け止めでの肌のヒリヒリは、日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が原因の可能性があります。

紫外線吸収剤は、紫外線と化学反応をおこして熱に変わり、肌への吸収をストップさせるものです。
皮膚で化学反応が起こっているのだから、負担が強いのです。

日焼け止めには、SPFやPAという値が書いてあります。
数字が高ければ高いほど良いと思っている人もいるでしょう。

日焼け止めのSPFやPAという数字が高いものは、やはり肌には大きな負担なのです。
数字が大きいことでよけいな負担をかけている可能性もあります。

また日焼け止めの成分は毛穴詰まりを起こすことがあります。
シリコンや油分、ウォータープルーフ成分が毛穴をふさいでしまうかもしれません。
ニキビができてしまったという報告も!

また日焼け止めを落とさなければと思って、ゴシゴシこすって洗っているとそのせいで肌にトラブルが起こることもあります。
それまで何ともなかった日焼け止めなら、ストレスや体調不良も原因かもしれません。
夏は特にいろいろなことが原因で肌トラブルが起こりやすいのです。

日焼け止めで肌荒れしてしまったときにケア方法


肌荒れにはいろいろな原因があるので、日焼け止めだけで肌荒れが起こらないようにすることも大切です。
日焼け止めを使った後は肌が乾燥しています。

日焼けしたあとには肌には、保湿ケアが一番。うるおいを与えましょう。
日焼け止めはきちんとていねいに落とし、クレンジングと洗顔でゴシゴシ強くこすらずに、やさしく丁寧に落とします。

次に化粧水を少しずつ何回も重ねてつけます。
乳液もしっかりとつけましょう。

もし炎症を起こしているところに薬を塗ったほうが良ければ、薬も塗ります。
かゆみがあるときは冷やすと楽になります。
氷や保冷材はタオルに包んだりして、直接肌に当てないようにします。
刺激が強すぎるからです。

そして肌が乾燥しているということは、身体も水分不足。
水分補給して、体の中からも整えることが必要です。
普通の水やスポーツドリンクがいいでしょう。
お茶やジュースは利尿作用があったり、糖分が多かったりするので向いていません。

一度肌荒れを起こした日焼け止めは次もまた肌荒れを起こしやすいです。
だから、もう使わないほうが安心ですね。

できれば肌荒れがひどい時はメイクもしないほうがいいです。
日焼け止めを使わないわけにもいかないので、選び方にも慎重になってください。

日焼け止め、敏感肌の人が気をつけたい選び方

紫外線吸収剤が入った日焼け止めは効果は高いですが、敏感肌には向いていません。
日焼け止めにはもうひとつ紫外線散乱剤という成分のものがあります。

ノンケミカル処方と言います。
こちらは肌に薄い膜を張って、紫外線を反射散乱させます。
肌にやさしい散乱剤の日焼け止めを使いましょう。
炎症を抑える効果もあります。

日焼け止め効果が心配な人は、こまめに塗りなおしてください。
それで吸収剤入りのものと同じ効果になります。

それから、無香料・無着色・ノンエタノールにも注目です。
エタノール入りのものがさらっとしているとか、べたつかないということで人気です。
でも水分が蒸発しやすいため、乾燥しやすくなります。
肌は乾燥することで炎症がひどくなります。

敏感肌の人は乾燥している人が多いので、成分表を確認するようにしましょう。
紫外線散乱剤でノンエタノール、香料や着色料も入っていない日焼け止めを選んでください。

まとめ

日焼け止めにもいろいろな商品があります。
ついつい数値が高いものを選んでしまうけれど、肌には良くないのですね。
こまめに塗りなおすという方法で肌にできるだけ優しいものをつけましょう。