生活のハウツー

バルサン使用後の換気と拭き掃除って必要??【死骸は油断禁物な話】

ゴキブリ駆除のためバルサンを炊いた後、どにようにしてますか?
けっこう大変ですよね。

換気はどれぐらいすればいい?
拭き掃除は必要?
ゴキブリの死骸を見つけたら、気をつけることある?

そのような、ちょっと気になる点を解説します。
ゴキブリ駆除、最後まで気を抜かずにやりましょう!!

バルサン使用後の換気はどのくらい?ポイントを解説!!

バルサンのメーカーサイトで以下のような説明があります。

『使用後は煙を吸い込まないよう注意し、窓や扉を開け30分以上換気し、さいごに掃除機をかけてください』とあります。
バルサンをしてしばらく家を空ける場合は、できるだけ早く換気することがよいみたいです。

メーカーが示す換気時間は最低と考えてやはり臭いがなくなっても1時間は換気がベストでしょう。
バルサンにもいろいろ種類がありますが、どの種類でも1時間の換気なら十分です!

換気の後はゴキブリチェックが大切

そしてその換気の後、片付け・掃除が一番大切なポイントです。
まずはゴキブリチェックです。

見つけたときの対処方法は後に書いていますので要チェックです!!
家電などにカバーをしたと思うのでそれらを外します。
火災報知器や警報器にかけたカバーを忘れないようにしましょう。

そして丁寧に掃除機をかけます。
やはり薬剤がかかっているかもしれません。
いつもよりも丁寧に掃除します。

バルサン後に拭き掃除は必要??

基本的に、30分以上の換気をしたら拭き掃除は要らないです。

ですが、気になるようでしたらは拭き掃除をやっておくと安心です。
特に子どもやペットがいる場合、どこでも触ったり、なめたりする可能性がありますね。

冷蔵庫や食器棚などは気になる家具なので大人も良く触りますから、拭いた方が安心です。
子どもやペットがいる家庭は念入りに拭き掃除をするのがおススメ。

特に、以下を念入りにやるとよいです。
・窓、壁、手すり、階段、ドアノブ
・タンスや棚、机、いす、ソファ

手順としては、まずはタオルで2度拭きです。
床もカーペットは掃除機、フローリングはモップをかけます。
また、掃除する人(ママ)は終わったら、着替えてお風呂にも入っておきましょう。

なかなか大変ですが自分で納得できるまで十分な掃除をしておきたいと思いますね。

ペットとして犬や猫などはもちろん外に出すのがよいです。
水槽で熱帯魚などを飼育している人も必ず外に出してください。

バルサンのダメージはとても大きいと言われています。

バルサン使用後に死骸を発見した時の対処方法

ゴキブリの死骸を見つけてしまったら…
まず、掃除機で吸いこむことは絶対にやめましょう!!

もしかしたら、完全に死んではいないかもしれません。
生きていたら掃除機の中で卵を産んでしまうのです。
それは、恐ろしいですよね。

だから掃除機をかける前にゴキブリチェックは必ずしましょう。
そして、見つけたら箱をかぶせるとかゴミ袋をかぶせるとか。
もちろんたたいて紙ですくいとるというのもありです。

とにかくしっかりと捕獲して捨てましょう。

バルサンをした後の方が何かと大変。時間もかかります。
だから、午前中にバルサンをしておいて家を出て用事などを済ませ、午後から片付けるという手順ですね。

バルサンの効果的な使い方

そして効果的なバルサンの使い方としての注意点です。

1、シンク下、戸棚、引き出しを開けておく
閉めたままでは薬剤がいきわたらないかもしれません。
キッチン周りは開けておきたいです。

2、クローゼットや押し入れも開ける
衣類や布団は外に干すとか別の部屋に移します。

3、窓、換気口、すきまも閉めるように
換気口などは忘れがち。
しっかりチェックしましょう。

4、バルサンの使用の理想は年4回
定期的に行うと効果的です。

バルサンを使用するときの注意点まとめ

年に1回でもけっこう大変なのですが、4回やるとより安心なのですね。
換気は一応30分と説明書にもありますが、掃除機をかけながら1時間が目標です。

やはり、ゴキブリやダニが死ぬというほどの毒ですから、十分に説明書も読み、しっかりと換気や掃除もしましょう。