美容・健康

足の裏に筋肉痛のような痛みが!!歩くと痛いし治らないときは!?

目覚め良く起きた朝、ベッドから立ち上がると、突然足の裏に痛みが!
 
筋肉痛?
でもそんな事してないけど・・。なんてことありますよね。
 
足の裏はたくさんのツボがあると言われていますが、その影響もあるのかな?
 
そんな悩みにおこたえしていきます。

歩くと痛い足裏の痛みについてまとめました。
 

足の裏の筋肉痛のような痛み

 
足の裏の痛みは、一般的に2種類あります。
・踵から中心部にかけての痛み
・指と指の付け根の痛み
が代表的な痛みです。
 
それでは、それぞれの特徴を確認していきましょう。

足の裏 踵から中心部にかけての痛み

踵から足裏中心部のかけて痛みがある場合には、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の可能性があります。

足底筋膜炎の症状

・朝起きて歩き始めが痛い
・椅子から立ち上がって歩き始めが痛い
・足の裏を押すと痛い
・立ち続けていると痛くなる
・長時間歩き続けると痛みがひどくなる
・アキレス腱の周辺が痛むこともある

 

足底筋膜炎の原因

足の付け根から踵まで膜のように張っているのが足底筋膜。

足底筋膜の使いすぎや筋肉が硬くなることが原因と言われています。

筋肉は足裏だけでなく、ふくらはぎやすねの筋肉も影響します。
 
 

足底筋膜炎かどうかチェック方法

・指を反らすと足の裏が痛い
靴を脱ぎ座った状態で足指を反らしてみます。
足底筋膜炎は伸ばされた時に痛みが起きるかどうかをチェック。
足裏全体にある足底筋膜は一定の方向へ引っ張られ、負荷がかかる足裏の痛みとしてあらわれます。
 
・踵を押すと足裏が痛い
足底筋膜炎が一番痛みを引き起こしやすい部分は踵と足底筋膜が付着する部分と言われています。
そのためその場所へ直接圧刺激を加えることで痛みがあるかどうかをチェックします。
 
・体重をかけると痛い
体重をかけると足底筋膜が伸ばされ刺激で痛みを感じます。
立った時は体重が最もかかる踵より前の中心部が痛みます。
 
・歩く時と立っている時の痛みの場所が変わる
足底筋膜への負担が変わります。
歩くときは踵よりに痛みがあり、立っているときは中心部が痛むといったことが起きます。
 
・安静にしていると痛みはない
足底筋膜が伸ばされないので座ったり、寝ている時には痛みを感じないものです。
 
このような症状があれば足底筋膜炎の可能性があります。
 

足底筋膜炎はなぜ起きるのか?

 ・足の使いすぎ
過度のスポーツ、長時間の歩行、立ち仕事
 
・偏平足
足の筋力低下や高齢に伴い足裏のアーチがなくなることで、地面からの衝撃の吸収ができなくなり足底筋膜に炎症を起こします
 
・体重の増加
足底筋膜への負荷が増大します
 
 

足の裏 指と指の付け根の痛み

足の裏の踵から中心部にかけて筋肉痛のような痛みがある場合は、足底筋膜炎の可能性があることをここまででお伝えしました。

では、足の指と指の付け根のあたりに痛みがある場合はどうなのか。

可能性としては「モートン病」が挙げられます。

モートン病の症状

足の中指と薬指の間の付け根が痛む病気です。

人差し指と中指、薬指と小指の場合もあるようです。

痛み方は「ビリッ」としたような痛み。

女性に多くハイヒールなどが原因の一つです。

足指の付け根が圧迫されることで神経にコブができ、痛みを生じやすくなるのです。
 

モートン病のチェック方法

足指の付け根の両側を内側に向かって強く押してみましょう。

このときに、付け根の中心部あたりに痛みやしびれがありませんか?

また付け根の中心部から「ポン」と音がしたりしませんか?

このような場合、モートンの可能性があります。
 

モートン病はなぜ起きるのか?

モートン病はハイヒールの使用やつま先立ちの姿勢が長時間続く窮屈な靴を使用していることが原因として多いようです。
 
 

足の裏の痛みが治らないとき軽減させるには?

 

では症状別に痛みの軽減・対処法についてまとめていきます。
 

足底筋膜炎の痛みを軽減させる方法

・足をやすませる
・歩行や立ち作業を控える
・足を使うスポーツから自転車や水泳に変更する
・アイシングする
・足底筋膜の伸びを減らす
・足にあったサイズの靴を履く
・インソール、底の厚い靴を使用する
・靴紐をきっちり締める
・足裏のストレッチをする

足底筋膜炎のときの足裏ストレッチ方法

・足指ジャンケン
足の指でグー・チョキ・パーを作る。
これを10回ほど繰り返しましょう。

・足指ギャザー
①裸足になり椅子に座る
②タオルを床にひく
③足の指でタオルを手前に寄せていく

・ふくらはぎのストレッチ
①靴を脱いだ状態で立つ
②両足を平行にする
③踵を床につけ、そのままゆっくりと腰をおろす
④5秒キープし立ち上がる
 
普段から筋肉が硬くならないように心がけましょう
 

モートン病の痛みを軽減させる方法

・踵の高い靴や指先部が窮屈な靴の使用をやめる
・紐を締め付けない
・モートン病だと思ったら早めに整形外科を受診する。
 
痛みの場所や原因によっても対処方が変わります。

1~2週間経っても改善されないようでしたら、整形外科を受診しましょう。
 
 

足の裏の筋肉痛のような痛みついてまとめると

 
ここまで紹介してきた以外にも、足の裏の痛みには内臓の関連もあります。

足裏マッサージで使われる足裏反射区(足裏と内蔵の関連)からの影響による反射痛と言われています。

ただの筋肉痛だと決めつけずに、早めに医者に診てもらい、根本の原因を見つけて改善していきましょうね!