美容・健康

【意外!?接骨院と整骨院の違い】治療内容や保険のはなし

接骨院と整骨院の違いって何でしょう?
整形外科とはどう違うの?

そんな疑問を持ったのではないでしょうか。

治療できる範囲や保険は効くのかなど、分かりやすく説明していきます。

接骨院と整骨院の違いって何??

結論から言うと、接骨院と整骨院は同じものです。

美容院と言うところと美容室というところがありますよね。
それと一緒です。

接骨院も整骨院も柔道整復師という国家資格者が開業しています。

同じものなのになぜ呼び名が違うのか?
接骨院は「ほねつぎ」とも呼ばれていて、イメージが骨をボキボキするといったものになってしまいました。
その少し怖いイメージをもっとソフトにするために、整骨院という呼び名が出てきたのです。

昔から開業しているところは接骨院の名前が多いかもしれません。
でもちょっと紛らわしいですね。

接骨院・整骨院と整体は違いあり

接骨院・整骨院と整体との違いもちょっと気になりますよね。

接骨院・整骨院は専門の知識と技術で治療する伝統的な治療です。
江戸時代から伝わっているそうです。
痛みが出ている部分に治療します。
肩やひじの脱臼、交通事故の初期の治療などを扱います。

整体は骨盤や背骨を整えて、ズレを治し筋肉のコリや疲労をとるものです。
身体全体のバランスを整えることができます。
国家資格者ではないので、民間療法のようなものです。

接骨院と整骨院でできる治療内容


接骨院、整骨院は国が認めた医療機関です。
江戸時代から続く伝統的な医療で薬を使わずに人の自然治癒力を引き出して治していくものです。

骨折・脱臼・ねんざ・打撲などの治療。
ぎっくり腰や肉離れなどよく聞く症状の治療も専門です。
五十肩などの痛みやスポーツ障害。
テーピング、マッサージなどです。

電気治療や温熱治療をすることもあります。

ただ、柔道整復師という資格はありますが医師ではありません。
レントゲンを撮ったり、手術や注射、薬を出すこともできません。
整形外科との違いはここです。

医者がよいなら整形外科へ

整形外科は医師なので、レントゲン・手術・薬ともにOKです。
レントゲンは放射線なのでできれば浴びたくないとか、薬の副作用が気になる人は、接骨院・整骨院での治療が合っています。

例えば、腰痛になった時どこで治療を受けたらいいの?
腰痛と言っても様々な原因、症状がありますが、まずは整形外科に行き、きちんと診断してもらうことは大切です。

整形外科では一時的な痛みは取ってくれますが、根本的解決はできないことが多いですよね。
そんな時な接骨院や整骨院に行くのも良いことです。

骨折についても絶対に手術が必要なわけではありません。
むしろ固定して骨が付くのを待つ治療です。

その技術は「ほねつぎ」と言われる接骨整骨院はとても高いようです。
症状によって、自分の身体を診てもらう機関を判断したいですね。

接骨院や整骨院は保険で安くなるのか


接骨院や整骨院は、病院と同じように健康保険の扱いができます。
交通事故の自賠責保険も取り扱います。

ただ、症状によっては保険が効かない場合があります。
骨折・脱臼・ねんざ・打撲・ぎっくり腰・肉離れの場合は健康保険が効きます。

接骨院・整骨院での健康保険は、何らかの原因による痛みを対象にしています。
心配な時は直接相談してみてください。

普通、単なる肩こりや筋肉疲労のマッサージなどでは保険の対象にならないでしょう。

そして、原則としてはいったん全額を負担し、申請して7割の費用が戻ってくる扱いになります。
療養費ということで申請書に署名や捺印が必要です。
負傷の原因などをよく確認して署名しましょう。

まとめ:接骨院と整骨院について

接骨院・整骨院は同じもの。
治療内容も良く調べると日本に伝わる良い治療なのですね。

何事も病院だけがよいということでもありません。
しっかりと技術をもった人に診てもらえるととても安心できます。