美容・健康

マスクでニキビが増える?悪化する口周りニキビは食事改善!!

この記事をご覧になってくださる方には、「マスクでニキビを隠そう!」なんて思っている方も居るのでは無いでしょうか?

すでに知っているかもしれませんが、マスクでニキビは増えます!

マスクは風邪予防の他にも、すっぴんやニキビを隠す手段としても利用されることがあります。
 
ですが、マスクをするとニキビが増えます。

でも隠したい、風邪や花粉症を防ぎたい…

そんな方の為に今回は、
「マスクでニキビが増えるとされる原理」と「マスクをしてもニキビを抑える方法」について解説したいと思います。
 
更に、食事の観点からも効果的な方法をお伝えしたいと思います。
 

マスクをするとニキビが増えるのはなぜ?

「マスクを着用するとニキビが悪化する」

そうなるのは知っていても、その理屈を知らない人も数多くいるのではないでしょうか?
 
これにはきちんとした条件があるのです。

マスクはニキビを悪化させる原因となる条件が全て揃っているのです。
 
早速、その「条件」に触れていきましょう!
 

1.肌とマスクがこすれる

マスクをすると肌とマスクが擦れて
肌を傷つける原因となります。
 
肌に傷がつくと、そこに雑菌が侵入し、さらに繁殖することで肌が荒れてゆきます。

そこからニキビになるケースも少なくないのです。
 

2.湿度が高い

マスクは通気性が悪いので湿気がこもります。

更に吐息や肌が持っている熱によって、マスク内は高温多湿の状態となるのです。
 
これが何を意味するかわかりますか?
 
雑菌は暖かく、湿っている場所を好みます。

つまりマスク内は雑菌にとって天国なのです。

くしゃみをすることで雑菌がマスクに付着すると、そこから皮膚に繁殖し、ニキビを引き起こすのです。
 
以上です。まとめると…

まず、マスクの繊維が皮膚を傷つけて、暖かく湿ったマスク内で雑菌が繁殖する。

傷ついた皮膚に雑菌が付着して炎症・ニキビを引き起こすのです!
 

マスクをしてもニキビを悪化させない方法


とは言っても、マスクをしなければならない状況もあります。

マスクをしてもニキビが悪化しない条件とは何か?

これについて解説したいと思います。
 
ただし「マスクをしても完全にニキビを防げる」といったものではございませんのでご注意ください。
 

1.肌に当たらない形状のマスクを選ぶ

 
肌を傷つけないために肌と擦れない形状のマスクを選ぶといった事で、ある程度はニキビの悪化を予防できます。
 
私の場合は、鼻にあたる部分にワイヤーの入った立体マスクを使うようにしています。

ある程度自分でかたちをつくれますので、にきびに当たらないようにできます。

既に出来ているニキビにマスクがあたり、ニキビが刺激されることでもニキビが悪化しますので、この方法から始めると良いと思います。
 

2.使い捨てる

雑菌を予防するためにマスクを使い捨てることも大切です。

常に乾燥していて清潔なマスクを使用することで、雑菌を繁殖させない環境にすることもニキビ予防に効果的であるといえます。
 
 

口周りのニキビ 食事で良いもの悪いものがある!


口周りにニキビが出来たことが有る!といった方もこの記事を見ていただいている方の中には多いです。
 
その原因と対策についてもお伝えしたいと思います。
 
口周りはもちろんのこと、ニキビ対策の為にスキンケアを欠かさない方も居ると思います。

しかし、効果が出ない… なんて方も中には居るのでは無いでしょうか?
 
もちろん、肌を洗浄し清潔を保つ意味でも、洗顔はニキビケアに効果的です。
 
しかし同じくらい注目していただきたいのは「胃腸の調子」です。
 
肌荒れの原因のひとつに、「胃腸の調子が悪いこと」が挙げられるのはご存知ですか?
 
身体の調子を良くする食べ物を摂ることで肌の調子が改善されるかもしれません。
 
代表的には、

1.ビタミンB群:納豆や卵
2.ビタミンC:野菜や果物
3.ビタミンA:レバーや人参

が特に肌の調子を良くすると言われています。
 
食事摂るのが難しい場合はコンビニなどでも売っているサプリメントを使うのもオススメです。
 

マスクでのにきび隠しのまとめ

いかがでしたか?

ニキビが出来ると気分も落ち込みますし、治るまで隠したいのは当然かもしれません。
 
だからこそ、マスクなどを適切に着用し「これ以上悪くしないでおこう!」という心がけも大切です。
 
今回紹介した情報と併せて、スキンケアを怠らず、キレイな肌を維持しましょう!

ちなみに、マスクを積極的に利用するのは日本人くらいしか居ないって知っていました?

ここまで読んでくださりありがとうございました。